受験情報

MARCH受験がぜんぜん簡単な理由😃【後編】

更新日:

私立受験 最大のメリットは、複数併願が可能であること。

 

国立大学では、1つの大学を1回のみしか受けられませんが、

私立受験では、受験校の組み合わせをつくれます。

 

MARCHは、組み合わせによって、かなりの学生が手の届く大学です。

 

一応、合格率の出し方を数式で書いておきますが、無視しても構いません。

こんにちは、講師の久保です☺︎

 

今回は後編です。【前編はこちら】

 

 

 

 

 

 

 

 

明治大学の画像

(写真は、明治大学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MARCHと言えどいろいろ。だけどMARCHはMARCH】

 

MARCHで最も難関なのは、

立教大学の異文化コミュニケーション学部です。偏差値75。

 

わあー、高い。

 

ついで中央大学の法学部、これが偏差値74

偏差値75って全体の0.62%です。

普通のMARCH受験とはちょっと話が変わってきている。

 

ただMARCHに入りたいだけなら、ここらへんの学部は無視。

受験終わるまでもお見なくていいです。

(この学部にどうしても行きたい人は、しっかりと偏差値あげれば全然問題ない。それはそれで良いこと。)

 

 

 

 

しかし、学部にこだわらず、学科も絞らなければ、MARCHと言えど普通に。

 

〈理系、文系の最も入学しやすい学部〉

明治大学 理工学部58~60、文学部64~72

青山学院大学 理工学部56~60、地球社会共生学部65~70

立教大学 理学部60~63、文学部62~70

中央大学 理工学部58~61、文学部61~70

法政大学 理工学部55~58、社会学部64~67

学習院大学 理学部56~57、文学部64~68

 

こんな感じ。一応言っておきますが、

いずれもしっかりとした学部です。むしろ伝統的な学部が多い。

 

 

例えば、明治大学文学部の最も難関な学科は偏差値72ですが、

最も入りやすい文学部の学科は偏差値64しかありません。

 

理系は分母の学生の水準が高いため、どの大学も偏差値が低めに出ますが、

法政大学の理工学部では偏差値55でラインを超えます。

 

ちなみに偏差値55というのは全体の31%です。

立教大学異文化コミュニケーション学部が全体の0.62%だったことを考えると、

意味分からんくらい簡単。

 

 

 

 

 

 

【私立大の合格率は、出願の仕方で2倍になる】

 

私立受験は基本的に3教科または2教科の受験となります。

 

国立型の受験が6科目の試験を課すことを考えると、

教科を大幅に絞ることができ、限られた時間でもかなり対策を立てやすい。

 

理系なら数学、文系なら英語に特化すれば、まあだいたい受かります。

 

 

3教科受験であれば、一気に時間を割いて集中的にその教科に傾注できるため、

習得曲線の閾値を超えることが容易ですし、タスクがシンプルになるため没頭もしやすいです。

 

楽勝、楽勝。

 

 

6科目を偏差値70まで上げる受験と、3科目を偏差値70まで上げればいい受験では、

難易度が全くことなります。当たり前ですね。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、本番行きます。

 

私立受験最大のメリットは複数回受験による、合格率の操作が可能であることです。

 

 

受験の合否は確率論です。

例えば上記の偏差値は、進研模試でC判定がでる偏差値です。

だいたい合格率50%くらい。

 

 

では、偏差値55がC判定である法政大学の理工学部を、偏差値53で受けるとします。

その場合の合格率はだいたい40%程度。

それだけでも受ける価値はあるでしょう。

合格率は単純に40%です。

 

 

 

ですが、私立大学の合格率はここから一気に跳ね上げることができます。

 

概ねの私立大学は、個別日程と統一日程というように、

少なくとも2回の受験が可能です。

 

さて、40%の合格率で、2回受験に臨んだ場合どうなるか。

数学の時間が始まりますので結果だけ先に載せます。

計算式は読み飛ばしても大丈夫です(親切設計)。

 

 

合格率40%で2回受験をした場合の合格率

 

64%

 

わあー、合格可能性が落ちる確率と逆転しました。

受かる可能性の方が高くなってる。

 

ちなみに計算法は、少なくともどちらか一方が合格する可能性を出せばよいため、

「全事象」から、「どちらも落ちる確率」を引きます。

(1-0.6×0.6)×100=64% ←どちらか一方が受かる確率。

 

 

 

 

まだまだ、上がりますよ合格率

 

前編で言った通り、MARCHであればどの大学にすべきなど、

必要以上にこだわる必要はありません。

 

 

では、法政大学の理工学部を2回受験し、

明治大学の理工学部(偏差値58)を1回を併願した場合の合格率を求めましょう。

 

法政大学が合格率40%、明治大学が合格率30%と仮定すると、

 

 

いずれかが受かる合格率は、

 

74.8%

 

 

高けえ

 

 

計算式は(1-0.6×0.6×0.7)×100=74.8%

 

 

 

まだまだ、いきます。

法政大学の理工学部を2回、明治大学の理工学部を1回、

立教大学の理学部を1回併願した場合。

 

立教大学の理工学部の合格率を25%と仮定すると。

 

 

いずれかの大学に受かる合格率、

 

 

81.1%

 

 

高けええ

 

計算式は、(1-0.6×0.6×0.7×0.75)×100=81.1%

 

 

 

はい、これが私立受験なのです。

 

国立大学の受験ではこうはいきません。

九州大学を受験する場合、合格率40%であれば、合格率は40%のままです。

 

国立大学前期入試はいづれかの大学を1回のみしか受けられないからです。

 

複数受験が許されない、本当の意味で1発勝負。

 

 

ですが、私立受験はそうじゃない。

複数回受ければいいですし、他大学との併願は日程次第でいくつでも可能。

 

私立受験を考えるなら、そのメリットは最大限に活かしましょう。

 

どうしてもMARCHに行きたいなら、かなりの確率で行けます。

上手く併願して、いずれかの大学・学部には受かる確率を上ればいい。

 

 

MARCHは偏差値が70あるから無理みたいにビビる必要は全くない。

偏差値70の国立大学受検とは難易度も合格率も全然違う。

 

 

組み合わせ次第でMARCHは余裕だと分かりましたね。よかったよかった。

 

 

 

以上

 

 

PREV→MARCH受験がぜんぜん簡単な理由😃【前編】

NEXT→受験でも「選択と集中」がほぼすべて😃

 

 

MARCH受験なら、ロググラム自習教室!

 

LINE@はこちら↓

友だち追加

 

 

無料教育相談のお問い合わせは

TEL:099-230-7455

または問い合わせフォームから

Copyright© ロググラム自習教室 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.