受験情報

勉強のやり方が分からないってのは、勘違い😃

更新日:

 

勉強のやり方が分からないから勉強できない。それは誠でしょうか?

そもそも、勉強のやり方が分からないとはどういった状態でしょう??

こんにちは講師の久保です☺︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強のやり方が分からないってのは、勘違い

(写真は、何かを調べまくってる男性)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【分からないことが分かっているとき、問題の9割は解決している。】

 

勉強のやり方が分からないと嘆いている(ふりをしている)学生諸君、

すみません意味わかりません。それってもお解決してるのでは?

 

 

勉強のやり方が分からないってことまで分かってるんでしょう?

後はその問題を解決させるだけじゃないですか。

 

 

 

 

〈本当に大変なのはこんな人たちです〉

・学力が足りてないことが分かってない。

・分からないことがあることを分かっていない。

・自分の現状を分かっていない。

・自分の能力を高く見積もりすぎている。

・宇宙はどうやって生まれたのか。

・出家したい。

 

 

こんな状態になっているのなら、第三者の助けがいる気がします。

無知の知について、誰かが教えてあげてください。

この場合、本人は聞いてきませんからね。だって無知の知がないから。

あと、出家したい人についてはどうぞ止めないであげてください。

 

 

 

で、勉強の仕方が分からないと嘆いている(ふりをしている)学生諸君。

君らには既に無知の知がある。既にかなり優秀。

勉強の仕方が分からないってことは、すでに分からないことが分かっている。

 

で、それ以上、何を悩んでるの?

んー、わからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

【分からないことは調べれば良いだけ】

 

世の中、分からないことはたくさんあります。

で、分からないことが出てきたとき、取り得る行動は次の3つ。

 

・無視する

・研究する

・調べる

 

 

 

無視するのは、割と簡単ですね。何もしない。以上。

 

 

研究するってのは、世の中にまだ答えが出ていない、または答えが開示されていない場合に有効な手段です(消去法的に)。頑張れ研究者!特に博士課程の大学院生!ブラック研究室なんかに負けるな!

 

 

 

ですが、僕たちが思いつくような疑問は、人類の歴史がほぼ全て答えを出してしまっています

答えが普通に転がっている。

だから、知りたいことがあるなら調べる。

だって、何が分からないのかわかってるんですよ。勉強の仕方が分からないんでしょう?

調べればいいでしょう。勉強本を読んだり、ググってみたり、すごく優秀な先輩とか先生に聞いたり。心からそう思います。

 

むしろ、なぜそう思わない。せっかく分からないことがあることに気が付いているほど優秀なのに。

分からないことを認識することのほうがよっぽど難しいです。

 

 

 

 

塾とか学校なんかで、言われたとおりに勉強していればいいって教育がまかり通っているからでしょうか。ある程度優秀な学生であっても、自分で調べるっていう当たり前のことすらできなくなっている。

おいおい。

 

このブログで呪文のように唱えていますが、勉強も受験も、当人とご家庭だけが結果の全てを引き受けなければなりません。

そんな極めて大事なことなのに、

なぜ、たまたま担当になっただけの方の意見を、全てそのまま受け入れようとするのでしょう。

思考停止になっていはいけません。分からなかったら自分で調べる。

え?おかしいこと言ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

【くぽの昔話と、受験モデル】

 

僕が高校3年生のとき、学年28人中28位だったんですが、大学受験しようと思いました。家が母子家庭で貧乏でしたから、県内の国立大学しか進学させてもらえません。それだけでもかなりありがたい。

 

とは言え、受験のことなんか何も分からない。どうやって勉強すればいいのか。何を勉強すればいいのか。センター試験とは何なのか。大学受検とは何なのか。勉強とは何なのか。太陽はなぜ東から登るのか。どうやったら彼女ができるのか。

 

 

全然分からなかったので、迷わず家から一番近い本屋に行きました。

で、勉強法について書かれている本を探します。

 

 

 

 

 

 

ありすぎ。

 

 

 

 

 

 

 

勉強法についての本ありすぎ。

ありすぎて、どれが良いのか全然分からなかったんで、とりあえずそれっぽい本を5冊買いました。

僕の小遣いは消滅しました。

 

 

 

で、読みます。読む読む読む読む、ひたすら読む。

 

 

 

 

で、だいたい全てわかりました。大学受験の仕組み。勉強すべき教科。勉強する方法。モチベーションの作り方。彼女の作り方。とにかくすべて。

 

 

 

で、3位で入学です。ぶっちぎり1位の予定だったんですがまあいいでしょう。

入学してから、時給の高い塾とか予備校とかでバイト始めたんで、勉強法に関して勉強します。

とりあえず勉強法の本を半年で60冊くらい読んだんですが、知ってる内容しか出てこなくなったんで読むのやめました。

 

 

 

 

 

【調べものするには最強の時代】

 

高校時代は、家にパソコンなどといった快適なインターネット環境を提供するディバイスなど存在しませんでした。

だから僕の場合は本屋さんへ全力ダッシュ(本当は歩き)したのです。

 

 

でも、今だったらスマホやパソコンで調べることすらできる。必要なら本を買えばいい。

 

何をどうやったって、勉強法に関する情報は手に入る。特にこのブログとか最高ですよね(にっこり)。

 

 

 

結局、勉強の仕方が分からないと言ってる学生殿たちは、実際はそれを理由に勉強したくないだけです。(あ、言っちゃった)

 

本当に学力を上げたかったり、受験を突破しようと思ってたりするなら、迷わず調べます。

思った瞬間すぐにそうするはずです。世の中に勉強法に関する情報は、しっかり体系としてまとまっています。

正しくない情報もありますが、そんなの情報を集めていけば分かるようになります。

 

 

 

勉強法が分からないところまで認識できているなら、その学生殿の悩みはほぼ解決しているようなものです。

動くだけ。

 

以上

 

 

PREV→受験を努力で乗り切ろうと思ってる時点で負け②

NEXT→反抗期の受験生をもつお母さんへ、伝えたいこと😃

 

 

それでも勉強のやり方が分からないなら、ロググラム自習教室!

 

LINE@はこちら↓

友だち追加

 

無料教育相談のお問い合わせは

TEL:099-230-7455

または問い合わせフォームから

 

Copyright© ロググラム自習教室 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.